大阪府―APEC-VC 日本連携 アジア環境ビジネスプロジェクト

大阪府―APEC-VC 日本連携 アジア環境ビジネスプロジェクト

事業目的

経済成長が著しいアジアの国々では環境問題が深刻となっており、対策が急務となっています。一方、我が国では、環境分野において過去の苦い経験の積み重ねによって、環境対策技術が発展し、現在では世界でもトップクラスの技術水準を確保しました。
このような背景は、環境関連技術を有する大阪府内の中小企業やベンチャー企業にとっては、大きなビジネスチャンスに違いありません。しかしながら、組織が小さい、または新しいが故に、海外の情報を獲得する手段や体制が整っておらず、決して日本のシーズがアジアのニーズとマッチした状況ではありません。
そこで、大阪府はにぎわい創造部、商工労働部及び環境農林水産部の3部局が連携して、アジア各国で求められている環境問題を解決できるシーズを持っている大阪府内の中小企業やベンチャー企業に対して、研究開発支援、技術評価・普及及びアジア展開支援を一貫して実施し、大阪の環境関連産業のアジアビジネス展開に結びつけ、同時に、環境技術支援を受けるアジア各国に対して、環境改善につながる土台づくりを支援することを目的としたプロジェクトを開始しました。

プロジェクトの概要

プロジェクトの概要

APEC−VC日本の役割

APEC-VC日本を運営するAPEC環境技術交流促進事業運営協議会は、大阪府が実施する同プロジェクトのうち、にぎわい創造部の「環境ビジネス・アジア展開プロジェクト」と商工労働部のアジア環境貢献ビジネス育成事業「 アジア特定地域(中国東北地域〈遼寧省〉・中国華南地域〈広東省〉・ベトナム)における環境問題の現状、具体的な環境課題及びその課題解決に資する技術に関する調査」につきまして、大阪府とともに実施することになりました。

◆環境ビジネス・アジア展開プロジェクト(大阪府にぎわい創造部)

事業可能性評価委員会を設置して地域、テーマを決定し、個別案件を推進するため、調査やプロモーション活動を行い、商談会・説明会を開催します。

>>「環境ビジネス・アジア展開プロジェクト」の詳細はこちらをクリックしてください。

◆アジア特定地域(中国東北地域〈遼寧省〉・中国華南地域〈広東省〉・ベトナム)における環境問題の現状、具体的な環境課題及びその課題解決に資する技術に関する調査(大阪府商工労働部)

アジアの国の対象範囲における環境問題の現状調査、具体的な環境課題の抽出及びその課題解決に資する技術の把握をおこないます。

>>「アジア特定地域における環境ニーズ調査」の詳細はこちらをクリックしてください。